闘う悠々自適ブログ!

学び・気づき・生き方・ビジネス・起業

うちの社長はいい人なんですよ

みなさん、こんにちは。

みやじいです。

 

給湯器の交換はどこに頼めばいい?

給湯器が壊れたので交換したいが、どこに頼めばいいかおしえてほしい」

という相談をある友人から受けました。

私は建築関係の仕事をしているため、その友人は私に相談すれば、いい情報を

くれるのではという期待から連絡をしてきたのです。

 

彼は、最初自分でネット検索して探した、安価な業者の見積りを添えて、

「こんなのを探してみたんですが、適正価格も分からないし、変な業者に当たって

品質の悪い工事をされても困るので」というメールを送ってきました。

 

専門家の目で業者を選定してみた

ガス器具工事を全国展開でやっている、東京ガスグループのライフバルは大手という

こともあり、品質的にもアフターケアも充実していると思いました。

最初、私はライフバルならどこにでも営業店はあるので、見積りを取るように友人に

話をしました。

 

数日後、友人からメールが届き、「ライフバルは、最初に見積りを取った業者の

2倍の金額だったので、もう少し安いところを探したい」とのこと。

私は「そんなに金額の違いがあるのか」と、ちょっと驚きましたが、私もネットで

いろいろ調べてみることにしました。

 

ホームページで社長が熱く想いを語っている会社は間違いない

「給湯器」「交換」で検索すると、関連する会社がいっぱい出てきます。

私が会社のホームページで着目するポイントは、まず工事実績、その次に

給湯器の金額、そして社長が顔出しして経営者としての理念を熱く語っているか

どうかの3点。それから、社員スタッフの顔入りのコメントなどがあれば、

さらにいいですね。

 

この条件を満たしている会社を探し出し、長年の工事屋としての感を活かし、

この会社がいいのではと友人に紹介しました。

 

友人から感謝のメールが

「連絡したら、数日ですぐに給湯器を交換しに来てくれました」

「適正な価格で、満足のいく工事をしてくれました」

とうれしそうな友人からのメールが来ました。

さらに、

「給湯器を交換に来てくれた職人さんが、私にこれを渡してくれたんです」

「その職人さんは、朴訥とした口調で『うちの社長はいい人なんですよ』と

 ぼそっと言ったんです」

そのメールには、その会社の社長からお客さんに対するメッセージが添付され

ていました。

それがこちらです。

   ↓

 

f:id:miya-jii:20190416193522j:plain

 

職人さんが自ら、「うちの社長はいい人なんですよ」って普通言わないですね。

ひとり一人のお客さんに対して、感謝の気持ちを社長から伝える。 

社長が本当はお客さんに手渡したいけど、渡せないので社員が代わって、手渡す。

それだけ、社長の熱い想いが社員スタッフに浸透し、それがお客さんに伝わる。

「とてもいい話だな」と思いました。

 

思ったこと

お客さんに選ばれる会社は、顧客に感動を与えたり顧客の心を動かすことを当たり

前にやっている会社なんだな、ということです。

社長の熱い想いが社員スタッフに伝わり、この会社全体がきっと社会に求められる

存在に成長していくことを強く感じました。