闘う悠々自適ブログ!

学び・気づき・生き方・ビジネス・起業

「ステーキを売るな、シズルを売れ」

f:id:miya-jii:20190223232516p:plain

 

みなさん、こんにちは。

みやじいです。

 

キャッチコピーはブログのキモ

ブログを書いていて思うのは、タイトルでも本文でもキャッチコピーの力に

よって、読者に伝わる力が違ってくるのではないか、ということです。

私はまだまだブログ初心者なので、文章の表現力が足りないと自覚しています。

だから、読者が多い人気のブロガーの方のブログを読んで、何が私のブログと違う

のかを、観察するようにしています。

 

それは、タイトルもそうですが、文章のなかにあるここぞという場面で、強い

フレーズやキャッチーな文脈を使っているということです。

そう、ブログを書く上でとても重要なこと、それはキャッチコピー力だと思います。

 

キャッチコピー力を鍛えるにはこの本がおすすめ

コピーライターの川上徹也氏が書いた

「キャッチコピー力の基本」

 

f:id:miya-jii:20190223223405j:plain

 

キャッチコピー力の基本3ヵ条

著者が言う、キャッチコピー力の3ヵ条をご紹介しましょう。

 

1.自分に関係があると思ってもらう

2.強い言葉を使う

3.相手の心に「何で?」をつくり出す

 

ブログの読者でも、内容そのものが自分に関係ないと思ったらスルーしてしまう

確率は高くなるとは思います。

でも、そのブログのタイトルがキャッチーだったら、興味ない分野でもちょっと

のぞいてみようかなという気持ちになるかも知れませんね。

それほど、タイトルによって、ブログが読まれるかどうかの運命が左右されると

言っても過言ではないのです。

 

まずは、入り口からお客さん(読者)をお店(ブログ)に招き入れる工夫を

しなくてはいけないのですが、私自身もいつも、ブログタイトルで悩み、

どうすれば「おっ、これは読んでみたいな」と思わせるタイトルになるか、

試行錯誤を繰り返しています。

 

参考になるキャッチコピーを3種類ご紹介します

1.自分に関係があると思ってもらう

  普通:「仕事の整理術」

  見本:「気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ」

2.強い言葉を使う

  普通:口どけの食感が新しいんです

  見本:口に入れた瞬間に溶けてなくなっちゃうんです

3.相手の心に「何で?」をつくり出す

  見本:「千円札は拾うな」

     「営業マンは断ることを覚えなさい」

     「非常識な成功法則」

 

この3種類のキャッチコピーの法則を学べば、いろいろなキーワードに応用でき

そうですね。

以前、私のブログで使ったタイトルで「ブランコからブログを学ぶ」というのが

あります。

これは、3の「何で?」を使った例です。

いい悪いは読者のみなさんにジャッジしていただかなくてはなりませんが、

これは私自身、気に入っているタイトルです。

 

miya-jii.hatenablog.com

 

読んでいただき、共感していただけたら幸いです。

 

まとめ

ちなみに、本ブログのタイトルは本書のなかで紹介されている、アメリカの

経営アドバイザーが著書のなかで語ったフレーズです。

 

キャッチコピーを学ぶことでブログを書くことが楽しくなります。

読者に自分の気持ちを伝える技術があれば、ブログを書く甲斐があるってもんです。

そのためにはたくさんのキャッチコピーを自分のなかに仕入れることから始めて、

あなた独自のきらっと光るコピーをつくり出してみましょう。