闘う悠々自適ブログ!

学び・気づき・生き方・ビジネス・起業

この時期、ユーミンのあの曲を聴くと切なくなるのは僕だけだろうか?

 

みなさん、こんにちは。

みやじいです。

 

f:id:miya-jii:20190223103636j:plain


 

 

この時期になると思い出す。

ユーミンはいい曲がいっぱいあるけど、ぼくが好きなのは荒井由実時代の初期のころ

の曲が多い。

ひこうき雲」「海を見ていた午後」「やさしさに包まれたなら」など。

そのなかでも、一番好きなのが、「卒業写真」だ。

 

 

 

悲しいことがあると 開く革の表紙

卒業写真のあの人は やさしい目をしてる

 

街でみかけたとき 何も言えなかった

卒業写真の面影が そのままだったから

 

ひとごみに流されて 変わってゆく私を

あたなはときどき 遠くで叱って

 

 

卒業の時期になると、この歌詞が心に浮かんでは、あのころ好きだった女の子の

顔を思い出す。

この曲を聴くたびに、何か気恥ずかしいキュンとなる言葉がぽっと出る。

 

「青春だったなあ」と。

 

 


卒業写真 (荒井由美), Jazz Piano Trio , Graduation Photograph, ( Yumi Arai ) March,08. 2015,