闘う悠々自適ブログ!

学び・気づき・生き方・ビジネス・起業

本郷猛を鍛えてはいけない

f:id:miya-jii:20190130071357j:plain



 

みなさん、こんにちは。
みやじいです。

 

安田佳生のゲリラマーケティング

私は毎日の通勤時間帯に何かしらのポッドキャスト番組を聴いている。
その中でも一番よく聴いているのが、
安田佳生のゲリラマーケティング」だ。
安田さんは25歳のとき起業し、ワイキューブというベンチャー企業を立ち上げた。社員のために社内にバーを設けたりして話題を提供し、一時は就職したい企業の上位にランキングされていたが、総額40億円の負債をかかえ倒産した。
そのあと復活し、今は個人でマーケティングコンサルティングや、「境目研究家」として活躍している。

そんな安田さんがやっているポッドキャスト番組が面白い。
毎回視聴者の質問に女性二人を交えて回答するのだが、とても奥の深い話を聴かせてくれる。

 

f:id:miya-jii:20190130070419p:plain

 

仮面ライダーは本郷猛だった

本郷猛を知らない方のために

 

仮面ライダーの主人公。バッタの能力を持つ改造人間であり、仮面ライダー1号に変身する。 頭脳・肉体ともに類稀なる優秀な能力を持つが、そのために悪の秘密結社・ショッカーに拉致され、改造人間にされてしまう。しかし、脳改造の直前に脱出してからは、人間でなくなったことに苦悩しながら、人類の平和を守るために仮面ライダーとなってショッカーと戦うことを誓う。

 

「ゲリラマーケティング」の番組の中で、本郷猛が仮面ライダーに変身する話がでてきた。

 

本郷猛を鍛えただけでは変身できない

本郷猛は頭脳・身体能力も抜群で申し分ないのだが、いくら人間としての本郷猛を鍛えても成長の度合いには限界がある。
ところが、「へんし~~ん!」といって、仮面ライダーに変身したとたん劇的な活躍ができる。
つまり、過去の延長線上でいくら努力しても一気に成長したり、企業での売り上げを伸ばしたりすることはできない。
例えば、営業する場合、商品の説明を上手にプレゼンするより、売り方そのものを変えて営業をしなくても売れる仕組みを作るとかを考えることが大事である。
と、安田さんは説く。

 

私がこの話で感じたこと

本を読んだりセミナーに出かけ勉強したり情報をインプットのはいいのだが、そこから自分のやりたいことや仕事にどう活かすか、柔軟に発想し、今までなかったような何かを生み出す努力、そういう意識で頭を使う習慣を身につけたい。