闘う悠々自適ブログ!

学び・気づき・生き方・ビジネス・起業

地下鉄の風景から数学的思考へ

f:id:miya-jii:20190228222958j:plain


 

 

みなさん、こんにちは。

みやじいです。

 

電車の中はいろいろな人がいる

 

電車に乗っていると、たまに

 

「あれっ?」

 

と違和感を覚えることがたまにある。

以前も前髪にカーラーを巻いたままの若い女性が乗っていたことあったが、

 

 

miya-jii.hatenablog.com

 

 

あるいは、大きなイビキをかいている(主に男性)人がいたり、

やはり臭いが一番迷惑だ。

最近はあまりいなくなったが、いわゆるホームがレスの方とか、

はたまた昔風のポマード(というか今ポマードってあるの?)が強烈に匂うおじさん

はもうたまらない。さっさと隣の車両に移らないと、そこの空間にいられなくなって

しまう。

 

女性専用車両に間違えて乗ってしまった

大阪に出張に行ったときのこと。

移動するために電車に乗ったのだが、通勤時間帯は少し外れていたと思う。

慣れない大阪の私鉄にキョロキョロしながら、飛び乗った。

だいだい真ん中あたりの車両に乗った記憶がある。車内はわりと空いていて、

座席に座って周りを見ると、どうも違和感がある。

「何か変だ」

と思ったら、女性ばかりだ。

よく見たら、窓に「女性専用車両」の表示が。

「しまった」

あわてて、発車まぎわの電車を飛び出し、隣の車両へ。

 

東京では、だいたい先頭車両か末尾の車両と相場が決まっている。

「こんなところにも地域差があるんだ」と感心した。

 

地下鉄で感じた違和感

先日、仕事の関係で昼ころ地下鉄に乗った。

車内は立っている人がほとんどいないくらいで

座席はほとんど埋まっていた。

ふと、前の7人掛けの座席に目をやると、

いつもの違和感が...

「ありゃ?」

そう、7人全員が女性。

また女性専用車両に間違えて乗ってしまったか

と思ったが、一般車両だ。

 

何か、こう全部がそろったときの達成感というか、

感動がこみ上げてきた。(大げさだろう)

 

まあ当然だろうが、7人の年齢層が見事にバラけて

いる。女子高生、20代、30代のOL、40代から70代

とおぼしき女性が、それぞれ思いのままの表情で

座っている。

 

期待した全員20代というのは、どう考えても確率的に天文学的な数字になるだろうから、

(30代以上の女性の方、申し訳ありません)

それは置いといて。

 

違和感から数学的思考へ

 全員女性が7人掛けの座席に座る確率は、どのくらいなのか、数学が苦手な私が頭の中で必死に考えてみた。

通勤時間帯ではない昼時間であったことは今回の考察の条件からは外し、あくまで数字的な確率を計算する。

すると女性が0人の場合、1人の場合、2人の場合と

それぞれ数えていくと8通りの可能性がある。

当たり前だが。

ということは、1/8の確率になる。

つまり、12.5%だ。

これは、高いのか低いのか?

感覚的にはそんなに低い数字とは感じないが、

視覚的なインパクトが強いので、もう少し低い

ような気もする。

 

ここまで書いてきて、これは意味のある考察なのか

と、単純にばかばかしくなってきた。

ただ、意味のないことをあれこれ考えるのも暇つぶしにはいいかも知れない。