闘う悠々自適ブログ!

学び・気づき・生き方・ビジネス・起業

アウトプット大全 樺沢紫苑著 から学ぶ「アウトプット 6つのメリット」

みなさん、こんにちは。
みやじいです。

 

私がブログを書くきっかけになった本

 

f:id:miya-jii:20190123205302j:plain

 

Twitterを何気なくながめていたら、この本が紹介されていたので、興味がわき、

その場でアマゾンで注文してしまいました。


「アウトプット大全」樺沢紫苑著

 

私がサラリーマンを辞め、個人事業主で再スタートを切ったのが、昨年の4月。
今は以前勤めていた会社関連の仕事をフリーランスという形でしていますが、自分自身のビジネスを持ちたいというのが積年の夢。
なかなかビジネスの形が見えてこないまま、時間が過ぎていきます。
そこで、ブログで発信することで、「ビジネスの糸口が見えてくるのでは」と考えました。

この本は、そんな私の心に火をつけてくれました。

 

アウトプットとは


インプットは「読む」「聞く」、アウトプットは「話す」「書く」「行動する」。
インプットすると、脳の中の情報や知識が増える。しかし、インプットだけでは、現実的な変化は何ひとつ起きない。
一方、アウトプットは行動。アウトプットして初めて、現実世界に対して変化や影響を与えることができる。
本を100冊読んでも、まったくアウトプットしなければ、現実の世界は何ひとつ変化することはない。
インプットは「脳内世界」が変化するだけ。アウトプットして初めて「現実世界」を変えることができる。

 

 

f:id:miya-jii:20190123221815j:plain

 

今までの私は、本は読むものの、読んだらそれっきりで、本の内容を行動に移すという行為をあまりやっきませんでした。けっこう、ビジネス書を読んでいるのに、あとで本の背表紙を見て、
「あれっ、この本どんな内容だったっけ」と忘れている。


アウトプットの6つのメリット


1. 記憶に残る
2. 行動が変わる
3. 現実が変わる
4. 自己成長する
5. 楽しい
6. 圧倒的な結果が出る

 

 

この6つメリットの中で半分のことが実現すれば、本を買って読んだ意味がありますね。
ノートにメモする、スマホにメモする、挨拶する、人に話す、SNSに投稿する、日記を書くなど、アウトプットする方法はたくさんあります。
それらの行動を意識的にやってみれば、少しずつ自分が変化することに気づくはずです。


私がこの本で行動した3つのこと

1. ブログを書いてみようと思いたち、実際に書き始めた
2. 本の読書感想文を書く(今書いている)
3. 映画を見て泣く(今まで見たいと思っていたが、時間がないことを理由に遠ざけていた)

以上、3つです。なかなか、効果があったと自負しています。
本を読む、映画を見る、人の話を聞く、日常の出来事など、これらのインプットから、いかに気づきを得て、思考し、アウトプットしていくか。
これからも日々の生活の中で、意識してものごとを見、たとえばカンガルーのお腹の袋をパカっと開け袋の中をのぞくような視点を持ちたいと思います。