闘う悠々自適ブログ!

学び・気づき・生き方・ビジネス・起業

考えることを考える

f:id:miya-jii:20190226205804j:plain

 

みなさん、こんにちは。

みやじいです。

 

考えるとはどういうことなのか

 人は毎日、頭の中でいろいろなことを考えています。

しかし、その考えていることは、

「今日のお昼は何を食べようか?」

「あの仕事の段取りをどうするか?」

「家族旅行の計画を立てなくては」

「ブログのネタがどうも最近思いつかないな」

とか、日常の流れの中で、どちらかというと目先の表層的な事柄が多いのでは

ないでしょうか。

 

 

 深く考えることで得られる何か

私もだいたいがそのようなことを多く考えています。というより、その他の

もっと深いこと、例えば人生の目的を考えたり、自分という存在がなぜある

のかとか、宇宙の果てはどうなっているんだろうとか、そういったことは

考えること自体おっくうで面倒くさいし、そもそも考える意味があるのか

とさえ思ってしまいます。というか、思っていました。

 

でも今年の1月からブログを始めてから、インプットの量が増えたこともそうです

が、何より考えることが以前より格段多くなったし、深さも深くなったのは間違い

ありません。

 

つまり自分の言葉で語る文章をブログでは求められるわけですから、自分の心の

なかで自分が何を考え、主張したいのかを明確にしなくてはならないと思います。

他人の言っていることではなく、自分の言葉で腹の底から出るもの、それが

人の共感を得られるし、心を打ち、読者になってもらえる。

 

だから、よく考え、自分のフィルターを通して、自分なりの考えを拙い文章でも

いいから語るということが必要なのだと思います。

 

ブログを書いていて「ブログって何だろう」とたまに考える

確かに、「たかがブログ、されどブログ」なのですが、

「何で自分はブログを書いているんだろう」と考える方はけっこう多いのでは

ないでしょうか。

しかし、たかがブログなのですが、ブログを書く意味を考えたり、書くメッセージ

について自分なりの主義、主張、思いを文章に託すことを思うと、あながち無駄な

行為ではないことは言えると思うのです。

書くことによって自分を見つめ、世の中を観察し、考えていることを見ず知らず

の人に訴える。

以前に比べて、考えることの楽しさが少しだけですが、分かってきたような気が

します。

 

これからも

Googleで検索したり、本で調べたりすることも大事ですが、あまりにもそれに

頼りすぎて、思考停止状態になっていることが多すぎると最近反省しています。

 

日々、自分の頭を使って考えること、ちょっと面倒だなと思っても、立ち止まって

深く考えることを心がけたいと思います。

そうすることで、新しい何かを見つけることができるのではないかと、ちょっと

期待しています。